メールお問合せ!
みなと財務HPへ!ようこそ!Welcome!
TOP
業務案内
法人関係業務
個人確定申告
経営計画
増販増客マーケティング
相続関係
事業所紹介
事務所紹介
アクセス
インフォメーション
みなとニュース
書籍紹介
リンク集
ヤフオク!やメルカリでの儲け  生活資産には所得税課税なし
 
 インターネット上のオークションサイトでアイドルのコンサートチケットや握手券を転売していたにもかかわらず、その所得を申告していなかった脱税が昨年度の所得税調査で発覚している。アイドルのファンクラブに複数の知人名義で入会し、退職金を元手に人気チケットを取得し、高額な料金で販売して差額を懐に入れていたという。
 「ヤフオク!」や「メルカリ」などのネットオークションを利用して販売している人の大半はその利益に課税されていない。というのは、使わなくなった衣服や家具などの「生活に使用した資産」の売却は、所得税が課税されない取り引きとされているためだ。さらに、サラリーマンがネットオークションで生活用資産以外の物を売って利益を得ても、その課税所得が20万円以内なら確定申告をする必要はないため、大半の利用者は税金の心配をする必要はないということになる。
 ただし、あくまでも生活で使ったものでなければならず、販売する服や家具が他の人から仕入れたものや自分で作ったものであるなら、課税対象となる。また、ひとつで30万円を超える宝石、書画、骨董、貴金属も生活用資産とはみなされない。