メールお問合せ!
みなと財務HPへ!ようこそ!Welcome!
TOP
業務案内
法人関係業務
個人確定申告
経営計画
増販増客マーケティング
相続関係
事業所紹介
事務所紹介
アクセス
インフォメーション
みなとニュース
書籍紹介
リンク集
高額納税者のふるさと納税  返礼品は50万円まで非課税?
  年末が近づき、今年の分のふるさと納税をどこに寄付するか迷っている人も多いかもしれない。高額納税者ともなれば控除対象となる寄付上限額も高く、それだけ多くの返礼品を受け取ることができるが、返礼品であってももらいすぎると税金がかかることを忘れてはいけない。
 ふるさと納税の返礼品は「一時所得」に当たり、所得税の対象だ。税金がかかる境界線はずばり50万円。受け取った返礼品の価値が50万円を超えるなら、所得税が課される。ただし50万円以下でも必ず非課税とは言い切れない。非課税になるのは、あくまで一時所得の総額が50万円以下の場合で、返礼品以外の収入があるなら、その分が加算されることになる。
 問題は、返礼品に値札が付いているわけではないので、いつ50万円を超えたかが分からないという点だ。こればかりは自治体に聞くしかないらしく、万が一にも国税に目を付けられたくないなら、50万円を超えそうだというタイミングで価格を問い合わせるしかない。
 そして、一時所得を計算する際には「その収入を生じた行為をするため、又は、その収入を生じた原因の発生に伴い、直接要した金額」を差し引けることとなっている。それでは返礼品を得るために要した「寄付金」は経費にならないのか。答えは残念ながらNOだ。寄付はあくまで寄付であり、返礼品の“代金”ではないということらしい。