メールお問合せ!
みなと財務HPへ!ようこそ!Welcome!
TOP
業務案内
法人関係業務
個人確定申告
経営計画
増販増客マーケティング
相続関係
事業所紹介
事務所紹介
アクセス
インフォメーション
みなとニュース
書籍紹介
リンク集
鳩山新政権の予算主導権は? 財務省VS国家戦略局
   鳩山内閣が9月16日に発足。財務相には、税財政で豊富な経験を持つ大ベテランの藤井裕久氏が起用された。新財務相の下で、財務省は2009年度補正予算の見直しと、2010年度当初予算の編成作業を本格化させる。
 就任決定の知らせに財務省幹部は「落ち着くところに落ち着いて良かった」と胸をなで下ろした。藤井氏は政策に明るいだけでなく、「官僚は敵に回すのではなく、うまく使いこなすべき」との考えの持ち主。財務省の最大の懸案である財政再建にも意を尽くす姿勢をみせており、歓迎ムードが漂う。
 藤井氏が最も力を入れるのは「予算の無駄の削減」だ。麻生政権下で策定された13・9兆円の2009年度補正予算について「3〜4兆円は削れる」としており、来年度予算の財源などに活用する方針。「子ども手当」などの民主党の公約を実現するには、来年度で7・1兆円の財源が必要とされ、補正予算以外でも地方や公益法人向けの補助金などの大幅な削減を目指す。
 一方、予算の骨格作りなどを担当する新設の国家戦略局の担当相・菅直人氏は政治主導の予算作りを目指すが、藤井氏は「単年度の予算編成はあくまで財務省が責任を持つ」と強調。予算編成の主導権をめぐり、火花を散らす関係になる可能性もありそうだ。