メールお問合せ!
みなと財務HPへ!ようこそ!Welcome!
TOP
業務案内
法人関係業務
個人確定申告
経営計画
増販増客マーケティング
相続関係
事業所紹介
事務所紹介
アクセス
インフォメーション
みなとニュース
書籍紹介
リンク集
茂木経済再生相が線香配布で窮地  野党側「秘書なら何でもありか」
  茂木敏充経済再生担当相が、秘書による選挙区内有権者への線香配布問題で追い詰められている。線香に関しては、小野寺五典防衛大臣が1年生議員だった1999年に、有権者に自身の名入りの線香セットを配った時には議員辞職をし、3年間の公民権停止を含む略式命令を受けている。
 公職選挙法199条の3によると、候補者が役員を務める団体は、候補者の氏名を表示、または類推されるような方法で選挙区内の者に対して寄付してはならないとされている。
 茂木氏は1月29日と30日の衆院予算委員会で配布について認めた。「政党支部を通じた政治活動」であり、秘書らが配布したものの「配ったものに私の氏名は入っていない」として公職選挙法違反には当たらないと主張したが、納得できる答弁には至っていない。
 総務省は「政党支部の職員または秘書が氏名の表示のない寄付を持参することは、ただちに『氏名が類推される方法』によるものとはいえない」との見解を示した。まるで茂木氏を擁護するような見解となっており、野党側からは「政党支部の秘書ということで持っていけば、お酒もお金も、何でもオーケーになってしまう。公選法の趣旨に反する」(玉木雄一郎希望の党代表)、「金品で有権者の支援を得ようという行為は禁じられている」(小沢一郎自由党代表)などの意見が相次いだ。