メールお問合せ!
みなと財務HPへ!ようこそ!Welcome!
TOP
業務案内
法人関係業務
個人確定申告
経営計画
増販増客マーケティング
相続関係
事業所紹介
事務所紹介
アクセス
インフォメーション
みなとニュース
書籍紹介
リンク集
確定申告では地震保険料控除の見落としに注意  控除額は所得税5万円・住民税2万5千円まで
 
 地震保険控除は、確定申告の際に見落としがちな控除の一つだ。2006年度の税制改正で損害保険料控除が廃止となり、損害保険にかかわる所得控除の対象は、地震保険の加入者のみとなっているからだ。
 地震保険料控除は、1年間の地震保険料に応じて、一定額が所得税や住民税から差し引かれるもの。ちなみに地震保険とは、地震・噴火、それによる津波を原因とする火災・損壊・埋没・流出による損害を補償する。保険の対象は、家屋と家財だ。契約者本人または生計を共にする配偶者や親族のみが控除を受けることができる。地震保険は火災保険とセットで加入するが、火災保険料部分は、地震保険料控除の対象にならないので、間違えないようにしたい。
 地震保険料控除の金額は、最高5万円。所得税であれば、年間支払い保険料が5万円以下なら控除額は支払保険料と同額、支払い保険料5万円超なら控除額は5万円となる。住民税であれば、支払い保険料5万円以下なら控除額は「支払い保険料×1/2」、支払い5万円超なら2万5千円となる。