メールお問合せ!
みなと財務HPへ!ようこそ!Welcome!
TOP
業務案内
法人関係業務
個人確定申告
経営計画
増販増客マーケティング
相続関係
事業所紹介
事務所紹介
アクセス
インフォメーション
みなとニュース
書籍紹介
リンク集
宝くじの当選証明は大切に  共同購入では贈与税の課税も
   宝くじの当選金は非課税扱いであるから、たとえ10億円が当たったとしても申告する必要はない。しかし、宝くじの当選金をもとに事業を始めたり、家を建てたりすると、税務署の調査で資金の出所を問われることがある。そんなときのために、資金の出どころは宝くじの当選金であることを証明できる、みずほ銀行が発行する「当選証明書」を保存しておきたい。
 また複数の人と共同で購入していた宝くじは注意が必要だ。共同購入した宝くじが高額当選し、代表者が当選金を受け取り、それを後で山分けするというかたちをとると、当選金を受け取った人から分けた人への贈与と見なされる。となると、贈与税が課税されることになる。
 共同で購入した宝くじの当選金を非課税とするためには、当選金は共同購入者全員で受け取ったという証明が必要になる。当選金を受け取るときは、受取人名義にすべての名前を書くか、全員そろわなければ署名押印した委任状を用意して、分配者全員の存在をはっきりさせておかなければならない。