メールお問合せ!
みなと財務HPへ!ようこそ!Welcome!
TOP
業務案内
法人関係業務
個人確定申告
経営計画
増販増客マーケティング
相続関係
事業所紹介
事務所紹介
アクセス
インフォメーション
みなとニュース
書籍紹介
リンク集
北朝鮮によるミサイル被害に保険は適用可?  請求すれば適用の可能性あり
  北朝鮮が日本海に向けて弾道ミサイルを発射したのは、2017年に入ってすでに12回を数える(7月末時点)。もしミサイルが日本国内に落下し、ケガをしたり家屋が壊れたりしたら、保険は適用されるのか。
 保険の約款には、「免責」条項がある。商法上、保険契約において「免責」とは、「保険会社は保険金支払いの責任を負わない」というもの。ある大手保険会社の火災保険の約款では、「戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱その他これらに類似の事変または暴動」では保険金を支払わないとされている。つまり、北朝鮮のミサイルは、外国の武力行使にあたり、火災保険の対象とはならない。生命保険や医療保険などの約款も、免責事項に「地震・噴火または津波」「戦争・その他の変乱」とあり、ミサイル攻撃は保障の対象とならない。
 しかし、「免責」=「保険が出ない」ではない。「保険会社は保険金支払いの責任を負わない」を「責任は無いが請求があれば支払うこともある」と言い換えることができる。実際に1995年の阪神・淡路大震災や2011年の東日本大震災の際、日本で営業を行っている国内外法人の各保険会社は、ほとんどの会社が、被災者の請求に対して保険金を支払っている。将来、もしミサイルで被害を受けてしまったら、とりあえず保険会社に保険金支払いの請求をしてみよう。