メールお問合せ!
みなと財務HPへ!ようこそ!Welcome!
TOP
業務案内
法人関係業務
個人確定申告
経営計画
増販増客マーケティング
相続関係
事業所紹介
事務所紹介
アクセス
インフォメーション
みなとニュース
書籍紹介
リンク集
雇用促進税制と併せて使いたい助成制度  高齢者や母子家庭、障がい者へ補助金
  従業員を増やしたいと考える企業が忘れずに利用すべきなのが、「雇用促進税制」だ。「前事業年度に比べて従業員の数が10%以上、および5人以上増加している企業は、増加した一人当たり40万円の控除が受けられる」という制度だ。しかも資本金1億円以下の中小企業では、「2人以上の増加」でよい。
 雇用促進税制と合わせて、さまざまな助成金を使えば、さらに安く従業員を雇い入れることができる。「特定就職困難者雇用開発助成金」では、「60歳以上65歳未満の高齢者」に一人当たり60万円、「母子家庭の母ら」に40万円、「身体・知的障がい者」に120万円を助成している。
 さらに「受入れ人材育成支援奨励金」では、事業規模の縮小などに伴って離職を余儀なくされた労働者などを離職日から3カ月以内に雇い入れた事業主に対して助成するもので、1人当たりの受給額は30万円。ほかにも「被災者雇用開発助成金」(60万円)、「沖縄若年者雇用促進奨励金」(1年間、賃金の1/3)などがある。