メールお問合せ!
みなと財務HPへ!ようこそ!Welcome!
TOP
業務案内
法人関係業務
個人確定申告
経営計画
増販増客マーケティング
相続関係
事業所紹介
事務所紹介
アクセス
インフォメーション
みなとニュース
書籍紹介
リンク集
マイナンバー法改正で発行機関の監督強化  “出足低調”の責任追及
  マイナンバー制度のシステム障害によって個人番号カードの交付に大幅な遅れが出た問題をめぐり、政府は3月7日、システム運用を担当する地方公共団体情報システム機構(J−LIS)に対する監督を強化する関連法を閣議決定した。
 法案は、J−LISに対して、マイナンバーを取り扱う事務の管理規程の策定を義務化するもの。策定、変更時には番号制度を所管する総務相が認可する。さらに問題発生時には経緯の記録も義務付け、総務相による監督命令や立入検査も可能となる。虚偽報告や検査の拒否に対しては役職員に30万円以下の罰金を科すという。
 高市早苗総務相は、カード交付の遅れを受けて昨年12月に、「ガバナンス強化が足りないのであれば、総務省が主体的にJ−LISの体制に関われるよう、法改正も必要になる」とコメントしていた。
 マイナンバー制度は昨年1月から申請に基づく個人番号カードの交付を開始したが、暗証番号を登録する際にJ−LISのシステム障害によって登録できないという事態が頻発した。このエラーによって一時期は約1千万枚の申請に対して交付できたのは計約230万枚と申請の3割にも満たない状況となっていた。その後、システム改修などを経て障害は解消されたものの、全国的な交付遅れを解消するには11月末までかかった。
 総務省はJ−LISに対する監督を強化するとともに、システム開発に関わった富士通、NTTデータ、NTTコミュニケーションズ、NEC、日立製作所の5社に対しても、計1億9450億円の損害賠償を求めることを決定している。
 個人番号カードは交付開始から1年を経過しても発行枚数が1千万枚足らずと、目標の3割程度にとどまる“出足低調”の状態となっている。J−LISの監督強化に向けた法改正からは、出はなをくじかれた政府の恨み言が聞こえてきそうだ。