メールお問合せ!
みなと財務HPへ!ようこそ!Welcome!
TOP
業務案内
法人関係業務
個人確定申告
経営計画
増販増客マーケティング
相続関係
事業所紹介
事務所紹介
アクセス
インフォメーション
みなとニュース
書籍紹介
リンク集
中小企業退職金の給付金  解約手当金は一時所得に
  中小企業退職金共済制度(中退共)は、中小企業や個人事業主が社員に支払う退職金の資金を確保することを目的に加入する制度だ。支払われる退職金や解約手当金は、従業員のものとなるので、会社は受取金を収益に計上しない。
 中退共を運営する「独立行政法人勤労者退職金共済機構」から受け取る「退職金」は社員への退職所得として取り扱う。退職所得の課税対象額の計算は、「(受取額−退職所得控除額)÷2」で求める。一方の解約手当金は一時所得として処理する。一時所得の金額は、「受取額−収入を得るために支出した金額−特別控除額(最高50万円)」。なお、従業員の死亡で遺族に支給される一時金は、みなし相続財産として相続税の課税対象になる。