メールお問合せ!
みなと財務HPへ!ようこそ!Welcome!
TOP
業務案内
法人関係業務
個人確定申告
経営計画
増販増客マーケティング
相続関係
事業所紹介
事務所紹介
アクセス
インフォメーション
みなとニュース
書籍紹介
リンク集
脱税疑惑のスペイン王女が無罪  夫は有罪で禁錮6年3カ月
  夫と経営していた企業の脱税に関わったとして法廷に立たされていたスペインのクリスティーナ王女が、2月17日、無罪の判決を言い渡された。クリスティーナ王女は現国王フェリペ6世の姉にあたる。スペインの王族が法廷で裁かれたのは1975年に王制が復活して以来、初めてのことだ。
 スペイン東部マヨルカ島の地方裁判所は、王女夫婦が経営していた非営利団体に絡む脱税疑惑について、脱税を企てたのは夫のウルダンガリン被告で、王女は関わっていなかったと認定した。夫のウルダンガリン被告に公金横領などの罪で禁錮6年3カ月を言い渡す一方、王女については無罪とした。ただし夫が不正で得た利益の恩恵を受けたとして、王女にも26万5000ユーロ(約3200万円)の返却を命じた。
 スペインでは2000年代初頭に不動産バブルがはじけたことなどの影響で11年ごろから財政危機が深刻化。王女の脱税疑惑はその頃に浮上した。翌12年には前国王・フアン・カルロス1世がアフリカでゾウ狩り旅行をしたことが「ぜいたくだ」と批判を浴び、異例の生前退位に追い込まれた経緯がある。王女の無罪判決に対しても、「夫をいけにえにして自身は助かった」という声も出ているという。