メールお問合せ!
みなと財務HPへ!ようこそ!Welcome!
TOP
業務案内
法人関係業務
個人確定申告
経営計画
増販増客マーケティング
相続関係
事業所紹介
事務所紹介
アクセス
インフォメーション
みなとニュース
書籍紹介
リンク集
まさか!「パナマ文書」に私の名前!?  知らない間にペーパー会社代表に
   多くの人が「タックスヘイブンとは無縁」と思っているだろう。だが、それは大きな間違いのようだ。
 機密文書が大量に流出した「パナマ文書」のなかで、いつの間にか実名不明のペーパーカンパニーの代表に就いているという被害が発生していることが、一部報道で分かったからだ。
 人気漫画『キャンディ・キャンディ』で知られる漫画家いがらしゆみこさんの名前が11月27日、カリブ海の租税回避地の会社役員としてパナマ文書に記されていたと報じられた。いがらしさんの名前があったのは、英領バージン諸島の会社の登記関連資料だという。1998年12月から2002年3月まで、役員を務めたことになっていた。住所がいがらしさんと一致し、後任の役員に娘の名があったという。資料には、いがらしさんと娘の署名が同じ筆跡による漢字で記されていたが、いがらしさん母娘のものとは別の筆跡だという。
 またパナマ文書には音楽家の小室哲哉さんの名前もあったと報じられている。小室さんは01〜02年に英領バージン諸島の法人役員として登記されていた。
 本人の知らない間に名前が使われていたのは有名人だけではない。NHKの報道によると、日本の一般男女3人もカリブ海の英領アンギラのペーパーカンパニーの代表に就けられていた。この3人は、知らない間に個人情報を香港の仲介業者に流され、パナマ文書を流出させた法律事務所「モサック・フォンセカ」の手に渡り、勝手に実体不明の会社の代表になっていた。個人情報は何者かに盗まれたという。
 恐ろしいのは、どのような会社の代表に就けられているのかわからない点だ。この3人が代表になっていたペーパーカンパニーは日本の出会い系サイトを運営していることになっていた。もし違法行為が明るみになれば捜査機関が容疑をかけられる可能性も否定できない。被害者の3人の中には、出会い系サイトのホームページ上に運営責任者として名前がバッチリ記載されてしまった人もいるというから驚きだ。
 さらに、海外の会社に登記されると、簡単に削除することができない点も見逃せない。削除するには現地まで赴いて弁護士に依頼して交渉しなければならないからだ。
知らない間に海外でペーパー会社の代表になっているかもしれない。考えるだけでも身の毛もよだつ話だ。