メールお問合せ!
みなと財務HPへ!ようこそ!Welcome!
TOP
業務案内
法人関係業務
個人確定申告
経営計画
増販増客マーケティング
相続関係
事業所紹介
事務所紹介
アクセス
インフォメーション
みなとニュース
書籍紹介
リンク集
NISAの長期積立枠を新設へ  コツコツ型の若者を狙い
   政府はNISA(少額投資非課税制度)について非課税期間を大幅に延ばした新たな積立枠を設立する検討に入った。利用が伸び悩んでいるNISAをテコ入れすることで貯蓄から投資への流れを進めて、経済成長につなげたい考えだ。金融庁が月末の税制改正要望で公表する方針だが、政府内には慎重意見も根強く具体化に向けては調整が難航する可能性もある。
 2014年1月に始まったNISAは、年間120万円を上限として株式や投資信託の売却や配当での利益が5年間非課税となる制度。個人資産を預金から投資に促して経済を活性化させる狙いがある。ただ、利用者の半数以上を60代以上が占めるなど若年層への浸透が課題となっていた。
 このため、金融庁は現行の5年間を大幅に延長した新たな枠を新設する方針。非課税期間は20年程度とすることで調整している。その代わり、1年間に利用できる金額は60万円以下とする。利用者は現行制度か新設する枠かのいずれかを選択することになる。「少額でもこつこつ長期的に積み立てたい若年の新規利用者を掘り起こす」(政府関係者)のが狙いだ。
 政府は8月2日に閣議決定した経済対策で、NISAについても「少額からの積立・分散投資の促進のためのNISAの更なる改善・普及」と明記しており、制度設計の具体化を進めていた。ただNISAの拡大は税収減にもつながりかねず、財務省などには慎重意見もある。年末の税制改正に向けて金融庁と財務省、与党の議論の行方が注目される