メールお問合せ!
みなと財務HPへ!ようこそ!Welcome!
TOP
業務案内
法人関係業務
個人確定申告
経営計画
増販増客マーケティング
相続関係
事業所紹介
事務所紹介
アクセス
インフォメーション
みなとニュース
書籍紹介
リンク集
総社市が三菱に「1億円寄付」要求  燃費偽装問題で大打撃
  三菱自動車の燃費偽装問題をめぐり、同社の取引先が集中する岡山県総社市は4月27日、三菱系の企業に対して1億円の寄付を要求する方針を固めた。一部報道で明らかになった。4月にスタートした「企業版ふるさと納税」を利用し、燃費不正問題の影響を受ける地元企業の支援や助成制度に活用するという。
 岡山県には三菱の取引先企業が多く所在し、総社市だけでも取引先は数十社、従業員は数千人になる。燃費偽装の発覚によって三菱からの1日当たりの発注件数はほぼ半減しており、県内では工場の稼働そのものがストップしているところもあるという。こうした状況を受け、同市の片岡聡一市長は対策会議で「緊急非常事態だ」と述べ、三菱系企業に対して対策費として1億円を求める考えを示した。その際に利用するのが、2016年度税制改正で導入された「企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)」だ。
 同制度は、内閣府が「効果が高い」と認定した地方創生事業を行う自治体に対して行った寄付について、寄付金額の30%を法人住民税や法人事業税から控除するものだ。元からある特定寄附金としての損金算入処理と合計すると、最大で寄付金額の6割分が減税され、企業の自己負担額は寄付金額の4割に抑えられる。
 同市は寄付金を取引先企業の支援・相談窓口の設置や助成制度の新設などに充てる考えで、5月中にも枠組みを固める方針だという。