メールお問合せ!
みなと財務HPへ!ようこそ!Welcome!
TOP
業務案内
法人関係業務
個人確定申告
経営計画
増販増客マーケティング
相続関係
事業所紹介
事務所紹介
アクセス
インフォメーション
みなとニュース
書籍紹介
リンク集
識者の意見五分と五分  消費増税どうするアベさん?
   政府の国際金融経済分析会合の第5回会合が4月13日、首相官邸で開かれた。これまで招いた講師7人のうち4人が2017年4月に予定する消費税率10%への引き上げについて言及し、講師の間では消費増税の是非は拮抗する格好になった。講師の意見を参考に安倍晋三首相が今後判断する見込みだ。ただ「会合を終了すれば判断材料のひとつがそろったと思われる懸念もある」(経済官庁幹部)ため、当初「5回程度」としていた会合は伊勢志摩サミット直前まで開催を重ねる見通しだ。
 会合は、表向きは主要7カ国(G7)首脳会議の議長国として、有識者と世界経済情勢について意見交換するための位置づけだ。ただ、裏を返せば首相が消費増税延期の基準としている「世界経済の大幅な収縮」が起きているかどうかを検討する場ともとれ、政府・与党内では消費増税再延期のための地ならしと見る向きが強い。第1回、第3回の講師で、ともにノーベル経済学賞受賞者のジョセフ・スティグリッツ米コロンビア大教授やポール・クルーグマン米ニューヨーク市立大教授が消費増税延期論者だということも、こうした見方に拍車をかけた。
 一方で13日の会合では講師の経済協力開発機構(OECD)のアンヘル・グリア事務総長は「2%引き上げるべきだし、最悪でも1%ずつ上げるべき。私なら先送りはしない」と財政再建を進めるために予定通りの消費税引き上げを求めた。第2回会合に招かれたデール・ジョルゲンソン米ハーバード大教授も消費増税は必要との認識だ。「会合は様々な考えを聞く場。バランスは必要」(経済官庁幹部)と人選にも配慮が見え隠れするようになり、財務省内にも「予定通り増税する余地もある」との声も。しかし安倍首相は「いつも持ち駒を持っている、という対応」(会合に出席している浜田宏一内閣官房参与)のまま。増税の是非と政治日程が絡み合うだけに慎重に判断すると見られる。