メールお問合せ!
みなと財務HPへ!ようこそ!Welcome!
TOP
業務案内
法人関係業務
個人確定申告
経営計画
増販増客マーケティング
相続関係
事業所紹介
事務所紹介
アクセス
インフォメーション
みなとニュース
書籍紹介
リンク集
私立幼稚園の保育料は公立の3倍!  1人最大30万円を補助
  幼稚園の事情は地域によって違いがあるが、いまや公立の幼稚園に子どもを入園させるのは至難の業といっていい。文部科学省の統計によると、全体の8割は私立の幼稚園に通っているという。財政難を理由に、さらに公立幼稚園を廃止する方向で検討している自治体もある。大阪市は市内約60ある市立幼稚園を2020年までに全廃する方針を示している。福岡市も「民間が担うことができるものは民間に委ねる」という考えに立ち、市立幼稚園を廃園する方向だという。東京都でも大田区や世田谷区が廃止の方向で動いている。
 私立幼稚園は公立幼稚園より保育料がはるかに高額だ。幼稚園は満3歳から小学校就学までの幼児を教育する施設のことを指すが、文部科学省の「平成24年度子どもの学習費調査」によると、公立幼稚園3年間の保育料が約69万円であるのに対し、私立幼稚園は約146万円となっている。私立幼稚園は公立の約2倍の費用が必要だということだ。私立のなかには入園料だけで10万円以上かかる幼稚園もあり、公立とくらべて3倍以上にのぼることも考えられる。
 そこで利用したいのが「私立幼稚園就園奨励費補助金」という制度だ。年間最大で約30万円補助され、所得や子どもの数によって金額が変わってくる。東京・練馬区を例に見てみたい。階層区分が4で、3人とも私立幼稚園に通っていたとすると、長男が6万2200円、次男が18万5000円、3男が30万8000円で、総額55万5200円補助されることになる。
 自治体によって支給基準が違っているので、各自治体に問い合わせることをお勧めしたい。