メールお問合せ!
みなと財務HPへ!ようこそ!Welcome!
TOP
業務案内
法人関係業務
個人確定申告
経営計画
増販増客マーケティング
相続関係
事業所紹介
事務所紹介
アクセス
インフォメーション
みなとニュース
書籍紹介
リンク集
軽減税率の財源検討、選挙後に先送り  野党追及も議論深まらず
   消費税の軽減税率の財源をめぐって国会で激しい論戦が続いている。夏の参院選をにらみ、民主党など野党が安倍政権との対決色を強めているためだ。しかし、政権側は財源についての具体的な検討を参院選後に先送りする方針を固めており、議論は深まっていない。
 軽減税率の導入に必要な財源は1兆円。このうち確保できているのは、医療・介護・保育などの自己負担総額に上限を設ける「総合合算制度」の導入見送りで得られる4000億円のみ。政府・与党は2016年度末までに軽減税率に必要な安定財源を確保する方針を掲げており、残り6000億円については見通しが立っていない。
 民主党は軽減税率のために社会保障財源が削られる可能性があるとして連日追及している。しかし、安倍晋三首相は「必要な社会保障費を切ることはしない。6000億円の安定的な財源はしっかり確保していく」と抽象的な答弁を繰り返すばかり。「現時点では具体的な措置内容が念頭にあるわけではない」とも語り、今後検討していく方針を示している。
 これに関し、首相は16年度予算案で見積もった一般会計の税収は安倍政権誕生前の12年度予算案より21兆円増加していることから、税収増の一部を安定財源とみなす考えを示唆した。月内に経済財政諮問会議を開き、議論を始める方針だ。
 また、安定財源の候補として新たな増税や歳出カットも検討される見通しだ。ただ、国民に痛みを求めることになるため、具体的な検討は参院選後に先送りする方針だ。参院選前の明示を求める民主党などを尻目に、政府高官は「1年かけてゆっくり考えればいい」と語った。