メールお問合せ!
みなと財務HPへ!ようこそ!Welcome!
TOP
業務案内
法人関係業務
個人確定申告
経営計画
増販増客マーケティング
相続関係
事業所紹介
事務所紹介
アクセス
インフォメーション
みなとニュース
書籍紹介
リンク集
私立高校の就学支援  経済的負担を軽減
  公立高校と私立高校では教育費にどれだけの差があるのだろうか。文部科学省の調査結果によると、公立高校は平成22年度から始まった高校授業料無償化制度によって「授業料」がゼロ。そして入学金や修学旅行費用、教科書費などの「その他の学校教育費」が3年間で約69万円。また学習塾や習い事などの「学校外活動費」が46万円ほどになっている。合計すると3年間で、約115万円の教育費が必要になる計算だ。
 一方、私立高校はどうだろうか。授業料は3年間で約71万円、その他の学校教育費で約145万円、学校外活動費73万円となり、3年間合計で290万円ほどのお金が必要であるという。文科省のデータでは、公立と私立では180万円ほどの開きが出ることになる。また私立高校は入学金だけでなく、寄付金や施設費の支払いを求められる学校もあり、さらに出費が嵩むことが考えられる。
 そこで政府は「家庭の状況にかかわらず、全ての意志ある高校生等が安心して勉学に打ち込める社会をつくる」必要があるとして、私立高校に通う保護者に対しても平成26年度から就学支援金が支給されることになった。対象は、年収910万円以下の世帯で、年額11万8800円が支給される。また年収が250万円以下の世帯は年額29万7000円の補助が受けられるようになった。