メールお問合せ!
みなと財務HPへ!ようこそ!Welcome!
TOP
業務案内
法人関係業務
個人確定申告
経営計画
増販増客マーケティング
相続関係
事業所紹介
事務所紹介
アクセス
インフォメーション
みなとニュース
書籍紹介
リンク集
家を建てるなら「認定住宅」  平成31年6月までが“お得”
  住宅購入にあたっては、誰もが“お得”に買い物がしたいと思うはずだが、意外と利用されていないのが、住宅購入にあたっての二つの「認定制度」だ。これは、長期間にわたって使用でき、構造や設備など一定の基準を満たしている「長期優良住宅」と、二酸化炭素を抑制した建築物である低炭素建築物の条件を満たしている「低炭素住宅」で、いずれも条件を満たした場合に限り、優遇措置を受けられるというものだ。なかでも特に大きな優遇措置は住宅ローン減税の適用とフラット35の金利引き下げだろう。
 住宅ローン減税は、10年にわたり控除率1%を所得税から差し引かれる。平成31年6月30日までは一般住宅では最大控除額は各年40万円で総額4000万円だが、長期優良住宅、低炭素住宅の認定住宅であれば100万円上乗せされ、最大控除額は500万円。
また、住宅金融支援機構の住宅ローン「フラット35」で借りる場合、認定住宅であれば金利引き下げ期間が当初10年間で0・6%引き下げとなる「フラット35S(金利Aプラン)」が利用できる。