メールお問合せ!
みなと財務HPへ!ようこそ!Welcome!
TOP
業務案内
法人関係業務
個人確定申告
経営計画
増販増客マーケティング
相続関係
事業所紹介
事務所紹介
アクセス
インフォメーション
みなとニュース
書籍紹介
リンク集
平成26年度もワースト  消費税の新規滞納3294億円
  国税庁が発表した平成26年度の国税滞納状況によると、消費税の新規発生滞納額が前年度比117・1%の3294億円であることが分かった。全税目の55・7%を占め、例年同様に税目別滞納額でワーストとなった。
 消費税以外の税目をみると、申告所得税1128億円(前年度比98・5%)、法人税674億円(同97・6%)、源泉所得税413億円(前年度比87・4%)、相続税363億円(同118・8%)、その他税目42億円(同86・3%)。消費税率が5%から8%に引き上げられたことが影響して消費税の新規滞納発生額が480億円増えたことで、全税目の新規発生額(5914億円)の前年度比を108%に押し上げた。平成9年度の消費増税時は翌年度にピークの消費税滞納が発生しており、今年度以降に滞納が増える可能性も考えられる。
 また、滞納者による自主的な納税や、差し押さえなどの強制執行で、滞納状況を完結した「整理済額」は前年度比98・8%の6681億円だった。
 国税滞納残高は前年度比6・7%減の1兆646億円で、ピークだった平成10年度(2兆8149億円)と比較すると全税目合計で38%にまで減少している。税目別では、源泉所得税が1877億円、申告所得税が3082億円、法人税が1267億円、相続税が917億円、消費税が3477億円だった。新規滞納発生額が前年度比で増加したものの、全税目で整理済額が新規発生滞納額を上回ったことで、結果として滞納残高を減少させることにつながった。