メールお問合せ!
みなと財務HPへ!ようこそ!Welcome!
TOP
業務案内
法人関係業務
個人確定申告
経営計画
増販増客マーケティング
相続関係
事業所紹介
事務所紹介
アクセス
インフォメーション
みなとニュース
書籍紹介
リンク集
経済財政諮問会議で民間議員が提案  「高所得者の基礎年金は半額に」
  5月19日に開かれた経済財政諮問会議で、高所得の高齢者が受け取る基礎年金を半額にすることを検討すべきとの提案があった。民間議員が提出した社会保障分野での歳出抑制案に盛り込まれていたもの。ほかにも、後期高齢者制度についても高所得者に対しては相応の負担を求めていくべきとしている。
 民間議員の提言は、2020年度までに基礎的財政収支(プライマリーバランス)赤字を解消する政府の目標達成に向けて、歳入歳出の両面での具体的なメニューを提示したものだ。高所得者への負担増に加え、安価なジェネリック薬品の普及率を高めることや、公共施設を積極的に再利用していくことなどを提案した。
 歳入面では、配偶者控除など人的控除の抜本的な見直しとともに、「資産格差が次世代の機会格差につながるべきではない」として、富裕層高齢者に対する相続税や贈与税の強化を提案した。だが相続税、贈与税ともに15年の1月から最高税率が引き上げられたばかりで、さらに高所得者を狙い打ちにして負担増を強いる案には反発の声が大きそうだ。
 なお、現在の民間議員は、東大大学院の伊藤元重教授、日本総合研究所の高橋進理事長、サントリーホールディングスの新浪剛史社長、経団連会長で東レの榊原定征会長の4人。