メールお問合せ!
みなと財務HPへ!ようこそ!Welcome!
TOP
業務案内
法人関係業務
個人確定申告
経営計画
増販増客マーケティング
相続関係
事業所紹介
事務所紹介
アクセス
インフォメーション
みなとニュース
書籍紹介
リンク集
研究開発税制が改正  連携強化で変革促す
  3月31日、2015年度税制改正法案の関連法が成立した。これによって法人税改革や17年4月の消費再増税などが確定したことになる。4月1日からさっそく適用されている新税制も多くあり、改正「研究開発税制」もその一つだ。
 研究開発税制は、民間企業の技術研究への投資に税優遇を設けて、技術革新の加速を促すことを目的として1967(昭和42)年に創設。同税制には、〇邯蓋Φ翦颪過去3年平均より増加した場合に使える「増加型」、∋邯蓋Φ翦颪梁佛箴緘耄┐10%を超えた場合に使える「高水準型」、試験研究費総額に対して使える「総額型」――の3種類があり、控除額はそれぞれ増加型が「試験研究費の増加額×5〜30%の控除率」、高水準型が「売上高の10%を超える部分の試験研究費×控除率」、そして総額型が「試験研究費の総額×8〜10%(中小企業は12%)」となっている。また総額型のうち、自社だけではなく他社や大学、民間研究所の技術などを組み合わせて革新的なビジネスモデルや製品を開発する「オープンイノベーション(OI)」型については12%の控除率を認めている。このうち、OI型を含む総額型に、上乗せ措置として増加型か高水準型のうちいずれかを加えて利用できるものだ。
 15年度税制改正では、他社・他機関との連携によって技術開発を行うOI型が大幅に拡充された。政府は、欧米などに比べて日本企業が自前で研究を完結させてしまう傾向が強いことを問題視し、税優遇を強化することでOI型への変革を促す狙いだ。
 改正されたOI型は総額型から独立分離し、これまでの「総額型+増加型または高水準型」にさらに別枠で上乗せできるようになった。控除率もこれまで12%だったところを、企業間の共同研究で20%、大学・特別試験研究機関などの共同・委託研究については30%へと大幅に引き上げ、さらにOI型の研究対象費に、大企業が中小・ベンチャー企業の持つ技術を使用する際などに支払う知的財産権使用料が追加された。大企業が中小企業の知的財産を500万円で利用した場合、これまでは最大50万円の税額控除だったところが、改正後は2倍の100万円が控除されることになるわけだ。
 また、控除上限は、総額型とOI型を別枠化した上で、合わせて30%を維持する。控除しきれなかった額を翌年に繰り越せる繰越控除制度は廃止されている。
OI型の税優遇を大幅に強化することで、武器となる技術を持つ中小企業と、その技術を必要とする大企業との連携が今後増えていくことを政府は期待している