メールお問合せ!
みなと財務HPへ!ようこそ!Welcome!
TOP
業務案内
法人関係業務
個人確定申告
経営計画
増販増客マーケティング
相続関係
事業所紹介
事務所紹介
アクセス
インフォメーション
みなとニュース
書籍紹介
リンク集
2015年度税制改正  住宅購入意欲を喚起する見直し
  昨年4月の消費増税以降、駆け込み需要の反動減からの立ち直りは政府の予想を超えて遅れている。その影響は、消費税額が高額になる住宅購入でより顕著なものとなっている。2017年4月には10%への再増税が予定されているため、さらなる住宅需要の落ち込みも予想されるなか、政府は低迷する住宅購入需要を喚起するため、15年度税制改正で住宅に関連するさまざまなてこ入れを図る。
 その代表的なものが、マイホーム購入者の金利負担を軽減する「住宅ローン減税」の延長だ。同制度では、住宅ローンを組んで、居住用の住宅を取得すると、ローン残高か住宅の取得対価のいずれか少ないほうの金額の1%が、10年間にわたって所得税から控除される。また所得税から控除しきれない場合は住民税からも年13.65万円まで控除される。控除額は、耐震性や保存性に優れた長期優良住宅・低炭素住宅などは10年間で最大5千万円、それ以外の住宅は10年間で最大4千万円となっている。現行では17年末までの時限措置だったが、15年度税制改正では同制度を19年6月末まで1年半延長する。17年4月に行われる予定の消費再増税後の住宅需要の落ち込みに備える狙いだ。
 住宅ローン減税の恩恵を十分に享受できない低所得者層向けの施策としては、住宅を取得した人に一定金額を給付する「すまい給付金」があるが、こちらも現行は17年末までに引き渡されて入居完了した住宅が対象となっているところを、19年6月末まで1年半延長する。
 住宅購入意欲を刺激するため、一括贈与の非課税特例も拡充される。子や孫などへの住宅取得資金の一括贈与を、最大3000万円までを非課税とし、期限を19年6月末まで延長する。経済的な理由から住宅購入に踏み切れない若年層を後押ししたい思惑だ。
 ほかに住宅関連では、「空き家」にかかる固定資産税の特例が見直されそうだ。現行制度では、廃屋であろうと、家屋が建っている敷地は「住宅用地」と見なされ、敷地200岼焚爾僚斬靈冀呂硫歙派現牾曚蝋甲蓮文把蟷饂裟派床然曄砲裡曲の1となる。国はこの制度が空き家放置の主因になっているとみて、15年度税制改正で、倒壊の危険性があるなど自治体が認定した「特定空き家」については、優遇措置の対象から除外する。再活用のあてがないなどの理由で空き家を放置してきた所有者にとっては、自治体に「特定空き家」だと指定されてしまうと固定資産税額が6倍に跳ね上がることになるので注意が必要だ。