メールお問合せ!
みなと財務HPへ!ようこそ!Welcome!
TOP
業務案内
法人関係業務
個人確定申告
経営計画
増販増客マーケティング
相続関係
事業所紹介
事務所紹介
アクセス
インフォメーション
みなとニュース
書籍紹介
リンク集
貿易統計速報  赤字額減少 5カ月連続
  財務省が3月18日に発表した2月の貿易統計速報(通関ベース)によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は4246億円の赤字となった。貿易赤字は32カ月連続。ただ、原油安の影響で輸入額が減少するなどして、赤字額は前年同月から47.3%減り、5カ月連続で縮小した。当面は原油価格の下落が輸入額を押し下げるとみられ、市場からは黒字転化を予測する声も上がっている。
 輸出は2.4%増の5兆9411億円で、6カ月連続の増加。米国向けなどの自動車(前年同月比8.8%)や半導体などの電子部品(同10.1%)などが伸びた。
 一方、2月に春節(旧正月)を迎えた中国向けの有機化合物などの輸出が控えられ、数量ベースでは2.1%減少した。一方、輸入は3.6%減の6兆3657億円となり、2カ月連続で前年を下回った。数量ベースでは4.5%増えたが、原油安の影響で原粗油(前年同月比54.8%減)、液化天然ガス( 同38.8%減)などの値下がりの影響が大きかった。
 地域別では、対米国の貿易収支が6317億円の黒字だった。自動車や建設用機械などの輸出が伸び、6カ月連続で増加した。対中国は7689億円の赤字。赤字は36カ月連続。衣類や金属製品などの輸入が増えた一方、自動車やその部品などの輸出が伸び悩んで赤字が拡大した。
 財務省は「原油価格の下落が輸入額の引き下げに相当効いている。輸出の持ち直し傾向は変わっていない」と説明している。
 市場関係者からは、「アジア向け輸出などの持ち直しが続くことや原油安の影響から収支の改善傾向が続く」(国内エコノミスト)として、3月以降に黒字へ転じるとの見方も広がってきた。