メールお問合せ!
みなと財務HPへ!ようこそ!Welcome!
TOP
業務案内
法人関係業務
個人確定申告
経営計画
増販増客マーケティング
相続関係
事業所紹介
事務所紹介
アクセス
インフォメーション
みなとニュース
書籍紹介
リンク集
住宅エコポイントが再開  リフォームで最大45万円相当補助
  法令で定められた省エネ基準を満たす住宅を新築またはリフォームした場合にポイントが付与される住宅エコポイント制度が、「省エネ住宅エコポイント」と名称を変えて“復活”する。住宅ポイント制度を再開することで、消費増税後に落ち込んだ住宅市場を活性化することが政府の狙いだ。
 省エネ住宅エコポイントとは、省エネ性能を備えた住宅を新築またはリフォームした場合にポイント(1ポイント=1円)が発行され、商品交換や追加工事費などに充てることができる制度をいう。
 今回は、閣議決定された平成26年12月27日以降に契約し、28年3月31日までに着工する住宅が対象。だが、国土交通省によると「1月に閣議決定された補正予算案に計上された予算枠(805億円)に達した段階で締め切ることもある」という。
 付与されるポイントは、新築では1戸あたり30万ポイントと前回と同じだが、リフォームの場合は3千〜12万ポイント(前回は2千〜10万ポイント)とアップしている。ただし、リフォームは新築と違い、断熱性の窓や床の設置などの工事内容ごとに加算され、最大で30万ポイントとなる仕組みだ。さらに耐震改修をすれば15万ポイント上乗せされる。
 内容も拡充され、新築の分譲住宅が対象住宅に追加される。リフォームでは、省エネ機能を搭載した給湯機や節水型水栓などの設備も対象になった。またトイレや浴槽をリフォームする場合、従来では窓や床などにも断熱性を施すことが条件だったが、新制度では省エネ設備の改修だけでもポイント対象となる。
 気になるポイント交換だが、さまざまな事業者が省エネ商品を提供しており、家電製品とも交換が可能だ。たとえば、人気の家庭用ロボット掃除機や圧力IH炊飯ジャー、雨漏りタンクなどもある。
 ポイントが発行されるためには、発行申請や交換申請、完了報告などの一定の手続きを踏む必要がある。なお10日からポイント申請書の受け付けが開始されている。