メールお問合せ!
みなと財務HPへ!ようこそ!Welcome!
TOP
業務案内
法人関係業務
個人確定申告
経営計画
増販増客マーケティング
相続関係
事業所紹介
事務所紹介
アクセス
インフォメーション
みなとニュース
書籍紹介
リンク集
地方拠点強化税制  YKKが優遇第1号候補
  ファスナー製造の大手「YKK」が、企業の地方移転を後押しする地方拠点強化税制の税優遇適用第1号の候補に挙がっている。一部報道で明らかになった。同社は2011年頃から本社機能の分散や移転を進め、今後も管理部門など本社機能の一部を生産拠点のある富山県に移管する予定としている。現在開催中の通常国会で関連法が成立した後、適用申請をする見通しだ。
 平成27年度税制改正大綱に盛り込まれた地方拠点強化税制は、東京に本社を置く企業が地方に本社機能を移転する場合や、すでに地方にある企業が機能を強化する場合に税優遇を与えるもの。平成30年3月31日までに移転計画の承認を受けた企業を対象に、承認から2年以内に取得して事業の用に供した建物や附属設備、構築物について、東京など大都市圏から地方に移転させるケースでは特別償却25%または税額控除7%(承認が29年度なら4%)、すでにある地方拠点を強化させるケースでは特別償却15%または税額控除4%(同2%)を認める。その際、取得する建物などの合計額が2千万円(中小企業は1千万円)以上であることが要件となる。設備投資だけでなく、雇用の面でも優遇措置が創設された。地方拠点での雇用を増やした場合、一定の要件を満たすことで雇用増1人あたり最大50万円の税額控除を受けることが可能だ。東京・大阪・名古屋など大都市圏からの移転なら、さらに30万円の税額控除が上乗せされる。
 政府は地方移転企業への税優遇を拡充することで、首都圏への人口・企業の一極集中を是正したい狙いがある。11年の東日本大震災以降、リスクマネジメントの観点から機能を地方に分散させる企業が出てきており、税優遇の内容次第では今後さらに企業の地方移転が増える可能性もある。