メールお問合せ!
みなと財務HPへ!ようこそ!Welcome!
TOP
業務案内
法人関係業務
個人確定申告
経営計画
増販増客マーケティング
相続関係
事業所紹介
事務所紹介
アクセス
インフォメーション
みなとニュース
書籍紹介
リンク集
受取配当の課税割合  持ち株比率5%未満 80%課税
  政府・与党は2014年12月21日に、関連会社から受け取る株式配当への課税を2015年度から強化する方針を固めた。持ち株比率5%未満の会社の配当は現在の50%課税から80%に、25%以上33.3%未満では非課税から50%に課税することになる。現在、持ち株比率が25%未満の株式は配当の5割に課税し、25%以上の株式は非課税になっている。政府は、税制改正大綱に盛り込む方針だが、持ち株比率25 %未満の会社から受け取る配当への非課税額のうち35%が金融業界となっており、「およそ1000億円の増税になる」として反対意見が根強い。