メールお問合せ!
みなと財務HPへ!ようこそ!Welcome!
TOP
業務案内
法人関係業務
個人確定申告
経営計画
増販増客マーケティング
相続関係
事業所紹介
事務所紹介
アクセス
インフォメーション
みなとニュース
書籍紹介
リンク集
ふるさと納税の制度拡充  寄付上限額が引き上げ
  ふるさと納税は、その年に支出した寄付の合計のうち2千円を引いた金額が控除対象額となる仕組みだが、政府は同制度を2015年度から拡充する意向を明らかにした。年末に決まる2015年度税制改正に盛り込む方針で、税軽減の上限額を引き上げ、手続きを簡素化するという。
 納税すると自治体によってはお礼が贈られてくるが、その特典や地域の特産物はさまざまだ。例えば群馬県中之条町では、5千円以上の寄付で「半額の感謝券」と「特産品」がもらえる。感謝券は地域の温泉宿や飲食店や店などで使用でき、地域に観光客を呼び込むことが狙いだ。特産品はオマケのようだが、同町のような“お得感”のある自治体のふるさと納税は人気が高い。また静岡県牧之原市では、今年の8月時点でふるさと納税の総額が約573万円で、昨年の約60倍以上の寄付が集まったという。同市はふるさと納税で記念品を贈る事業を今年の7月から開始したばかりだ。