メールお問合せ!
みなと財務HPへ!ようこそ!Welcome!
TOP
業務案内
法人関係業務
個人確定申告
経営計画
増販増客マーケティング
相続関係
事業所紹介
事務所紹介
アクセス
インフォメーション
みなとニュース
書籍紹介
リンク集
政府税制調査会「ペイゴー原則」見直しで議論  減税要求が強まる可能性も
  政府税制調査会(会長・城島光力財務相)で、減税や歳出増の場合に代替財源を求める「ペイ・アズ・ユーゴー原則(ペイゴー原則)」の見直しをめぐる議論があった。成長戦略担当の前原誠司経済財政担当相が「成長分野は単純に減税した分を増税するわけにはいかない」と主張。昨年の税制改正でも減税を財源確保なしに実施するなど原則が守られておらず、年末に向けて景気の落ち込みが深刻化すれば、減税圧力がさらに強まる可能性もある。
 ペイゴー原則は財政規律維持のために導入された。だが、原則は守られておらず、昨年の税制改正でも民主党税調が「原則の例外」として自動車重量税・取得税の廃止を主張。2税廃止には約1兆円の財源が必要で、廃止を認めれば財政規律目標に影響が出かねず、政府側は代替財源なしに重量税減税の妥協案で折り合いを付けた経緯がある。
 この日の政府税調でも前原経済財政相が「成長分野を伸ばせば雇用を生み、税収も増えるなどの波及効果もある。(減税要望は)中身を精査して議論すべきだ」と訴えた。城島財務相が「原則は閣議決定だ」と反論したが、例外がなし崩しに増えれば、財政悪化に拍車がかかることにもつながりかねない。さらに政局も野党が年内解散を求めるなど混迷の度合いを深めており、世論受けを狙った減税要求が与党内で強まる可能性もある。