メールお問合せ!
みなと財務HPへ!ようこそ!Welcome!
TOP
業務案内
法人関係業務
個人確定申告
経営計画
増販増客マーケティング
相続関係
事業所紹介
事務所紹介
アクセス
インフォメーション
みなとニュース
書籍紹介
リンク集
平成22年度「租税滞納状況」を公表  原告訴訟の国側勝訴率は100%
  国税庁は7月23日、平成22年度の租税滞納状況を発表した。新規発生滞納額は6836億円で、前年度の7478億円より9・2%のマイナスとなった。これにより12年連続の下降線をたどり、新規発生滞納額が最も多かった平成4年度の36・2%まで減少した。新規滞納額のうち最も多いのは消費税の3398億円で、前年比では微減しつつも全体の半数近くを占めた。
 整理済額は7591億円で、新規発生滞納額を755億円上回り、前年比470億円のマイナスとなった。これにより滞納残高は1兆4201億円となり、ピークであった平成10年度の2兆8149億円の半数にまで減少した。
 さらに同庁は「原告訴訟の提起及び滞納処分免脱罪による告発の状況」も公表。差押債権取立訴訟や詐害行為取消訴訟など、国が原告となって納税者を訴える原告訴訟の同年度の提起件数は200件。前年度からの審理中事案を含めて225件が終結し、その全てが国側の勝訴であった。また財産の隠ぺいなどによって徴収を免れようとする悪質な事案に対する告発件数は同年度2件に止まった。