メールお問合せ!
みなと財務HPへ!ようこそ!Welcome!
TOP
業務案内
法人関係業務
個人確定申告
経営計画
増販増客マーケティング
相続関係
事業所紹介
事務所紹介
アクセス
インフォメーション
みなとニュース
書籍紹介
リンク集
国税庁が特別還付金請求システム  「二重課税」判決受け、HP上に設置
  国税庁は7月20日、同庁ホームページ上に「特別還付金請求書等作成システム」を設置した。最高裁が平成22年7月6日、年金型の生命保険を遺族が受給する際、相続税の課税対象となった部分については所得税の課税対象にならないとの判決を出したことに伴う、還付金の発生に対応するためのもの。
 同庁は、最高裁判決を受けて22年10月、保険年金の税務上の取り扱いを変更。過去5年以内の各年分に所得税が納め過ぎた人については、通常の所得税の還付手続による還付を行ってきた。そして、平成12年から17年の間の各年分については、納め過ぎとなっている所得税に相当する額を「特別還付金」として支給する制度を新設した。特別還付金の対象者は、12年分以後の各年分で、’金型保険の死亡保険金、学資保険の契約者が死亡した後の養育年金、8朕庸金保険による年金――を受け取っていた、保険料などの負担者でない人。
 この特別還付金を請求するためには、「特別還付金請求書」と「特別還付金の額の計算明細書」を作成し、税務署に提出する必要がある。今回ホームページに設置された「特別還付金請求書等作成システム」では、画面の指示に従い、住所、氏名、生年月日のほか、税務申告情報や、保険年金の情報を入力することにより、特別還付金請求書と計算明細書を作成することができる。請求の期限は24年6月29日まで。