メールお問合せ!
みなと財務HPへ!ようこそ!Welcome!
TOP
業務案内
法人関係業務
個人確定申告
経営計画
増販増客マーケティング
相続関係
事業所紹介
事務所紹介
アクセス
インフォメーション
みなとニュース
書籍紹介
リンク集
「血税」7金融機関に投入 条件は中小への融資強化
   金融庁は9月11日、みちのく銀行(青森市)、きらやか銀行(山形市)、第三銀行(三重・松阪市)の地銀3行と、山梨県民信用組合(甲府市)に対し、改正金融機能強化法に基づき公的資金1150億円を投入すると発表した。強化法に基づく公的資金の投入は、昨年12月の施行以来、7金融機関、計2360億円となった。 地銀3行には優先株を買い取るかたちで投入し、投入額はみちのく、きらやかは各200億円、第三は300億円。山梨県民信組は、信用組合の中央機関である全国信用協同組合連合会を通じて信託を設定。優先受益権のかたちで450億円を投入する。各金融機関は金融庁に3カ年ごとに経営強化計画を提出し、中小企業向け融資の強化などを義務付けられる。今年9月末時点での自己資本比率は、みちのくが約11.4%(今年3月末時点8.86%)、きらやかが約10.5%(同8.78%)、第三が約10.3%(同7.26%)、山梨県民信組が約16.3%(同4.06%)に上昇する。 強化法については、ほかに経営統合を予定している荘内銀行(山形・鶴岡市)と北都銀行(秋田市)、高知銀行が申請表明をしているが、今年9月末までの申請は見送った。6月の株主総会で公的資金を受けられるよう定款変更した金融機関は、中小信金などを含めると多数ある。景気の下げ止まりで、金融業界でも一時の危機感は薄れつつある。だが、欧米の景気回復の遅れで“二番底”が来るとの予想は少なくなく、そうなれば公的資金の申請が増える可能性がある。