メールお問合せ!
みなと財務HPへ!ようこそ!Welcome!
TOP
業務案内
法人関係業務
個人確定申告
経営計画
増販増客マーケティング
相続関係
事業所紹介
事務所紹介
アクセス
インフォメーション
みなとニュース
書籍紹介
リンク集
首相、消費増税へ不退転の覚悟  平成23年6月までに改革案
  菅直人首相が、消費税増税に再び踏み出した。政府・与党社会保障改革検討本部が決定した「税と社会保障の一体改革に向けた基本方針」は、消費税増税を念頭に平成23年6月までに税制改革の案をまとめると明記した。
 菅首相の決断要因のひとつに、「遅滞なく税制抜本改革を行うため、平成23年度までに必要な法制上の措置を講じる」と、麻生政権が所得税法の付則に書き込んだ税制抜本改革への道筋がある。政権交代後の鳩山政権で付則の削除が浮上したが、なぜか見送られた。それどころか、菅首相は付則に従おうとしている。年明けから与野党協議に入り、秋の臨時国会で関連法改正を果たせれば、同25年度までには消費税を増税できるというシナリオも一部では語られ始めている。
基礎年金の国庫負担割合50%を維持するための年2・5兆円は、同23年度は埋蔵金などで賄おうとしているが、同24年度以降はそれも尽きてくる。そこで、同23年度中に消費税増税を法的に決定して、同24年度は同25年度の消費税の増税分を担保に国債を発行してつなげば、税外収入に頼ることなく、基礎年金問題を解決する案も浮上している。
与野党協議をまとめられるだけの政治力が同23年、民主党政権に残っているかが最大のハードルとなりそうだ。