メールお問合せ!
みなと財務HPへ!ようこそ!Welcome!
TOP
業務案内
法人関係業務
個人確定申告
経営計画
増販増客マーケティング
相続関係
事業所紹介
事務所紹介
アクセス
インフォメーション
みなとニュース
書籍紹介
リンク集
新政府税調ついに誕生――「税制の透明化」全速力で
   政府は9月29日、新たな政府税制調査会の設置を閣議決定し、新税調が同日発足した。新税調の会長には藤井裕久財務相が就任。予算の大方針をまとめる国家戦略室の菅直人担当相と、地方税を所管する原口一博総務相が会長代行となる。税調の運営や、重要事項を取りまとめるインナーに当たる存在として内部に企画委員会を設置。トップの主査には税や金融の政策通として知られる峰崎直樹副財務相が就く態勢だ。
 民主党が目指す新税調の眼目は、「政府主導の透明な税制改正」。自民党時代に税制改正を主導したのは党税調で、なかでも少数の幹部議員が圧倒的な力を持ってきた。しかしこうした党税調の幹部議員は決定の当事者にもかかわらず、税法改正をめぐる国会での論戦で質問への答弁に立つこともない。国会で追及されることもなく、結果的に業界の声や利害を反映した「不透明な税制」(藤井財務相)をもたらしてきた。
 民主党は新税調の発足と同時に党税調を廃止し、政府に税制改正の権限を一元化させた。税調のメンバーには、各省庁の副大臣が就任する。第1回の開催は10月8日になる見通し。税調の実務面を取り仕切る峰崎副財務相は「週2回程度の開催で、猛スピードで年末の税制改正を間に合わせたい」と話している。