メールお問合せ!
みなと財務HPへ!ようこそ!Welcome!
TOP
業務案内
法人関係業務
個人確定申告
経営計画
増販増客マーケティング
相続関係
事業所紹介
事務所紹介
アクセス
インフォメーション
みなとニュース
書籍紹介
リンク集
もうすぐ終了エコカー補助金 法人なら圧縮記帳も
   エコカー補助金が9月末に終了することを受けて、全国の販売店では“駆け込み”商戦が活況だ。同補助金は、最初の新車登録から13年以上経過した自動車を廃車にしエコカーを購入した場合には25万円、廃車をともなわない購入に対しても10万円の補助金が交付されるというもの。9月末までに新車登録が済んでいることが交付要件となっており、納車まで数カ月かかる人気車種への買い換えを検討している人は、そろそろタイムリミットとみたほうがよい。
 また、次世代自動車振興センターによると、事業用エコカーに対する補助金は、国の予算304億円に対し、すでに293億円(7月26日時点)を超える申請が来ていることから、9月末を待たずして受付が終了する可能性が高い。そのため、経済産業省では「申請書が受理されても、申請額が予算を経過することで補助金が交付されないこともある」と注意を促している。ところで、これから補助金を受け取る人は、その税務処理をきっちりと押さえておきたい。
 同補助金は、国の「環境対応車普及促進対策補助金」として交付されるものなので、個人であれば、総収入金額に算入されず、課税対象とはならない。また、法人であれば、補助金額の分だけ自動車の帳簿価額を減額し、その差額を損金とする“圧縮記帳”が可能だ。